サイトメニュー

向き合い方を考えよう

医者と看護師

うつ病と診断されると、薬をたくさん処方されるのではないかと不安に思う人も多いです。しかしうつ病で使用する薬の量や種類はうつ症状の度合いによって違います。また、自分で希望すれば薬の量や種類を調節する事ができるので、たくさん処方されるという心配はありません。また、医師が適切な量を処方してくれるので、うつ症状を改善させてくれます。不安な場合は医師に相談するようにしましょう。信頼できる医師を見つける事が大切です。通院中の治療費の心配がある人はうつ年金の受給を申請しておきましょう。
また、精神科は暗いイメージが強いですが、他の病院と何も変わりません。明るい雰囲気の内装や安心しやすい色使いの待合室も多いです。最近は精神科の暗いイメージを変える為に内装にこだわる病院も多いです。他の病気の場合は薬を使いながら病気に負けないような気力も必要です。しかしうつ病はその逆で戦う必要がないのです。何故なら、うつ病は心が疲弊して脳に異常が出てしまう病気なので、戦う意志をもって治療に臨むと却って疲れてしまい治療の妨げになってしまいます。なのでのんびり付き合っていくかというような心持ちで治療していきましょう。疲れたら休んでも良いのです。
うつ病になると前できていたことが出来なくなっていたという事があります。前の自分と比較してどうしてできないんだとショックを受ける人もいるでしょう。ですが、うつ病を発症していない人でも調子が出ない時だってあります。だれでもその日の調子で波があるので、落ち込まず自分ができる範囲の事をしましょう。

うつ病を患ってしまった場合は治療を行う必要がありますが、自分だけでは治す事はできません。周りの人の協力も必要です。まずは自分がうつ病である事を理解する事から始めます。うつ病は心が弱い人が罹る病気という認識でいると自分がうつ病と宣告された時にうつ病に罹った時に自分は心が弱いからうつ病になってしまったんだと思い詰めてしまい、うつ病の症状を悪化させる原因となってしまいます。なので、うつ病と宣告された人は、しっかりと担当医師の話を聞いてうつ病の理解を深め治る病気なのだと理解する事が大切です。
家族の中でうつ病を患ってしまった人が出た場合、仕事や学校を休んで療養を始めます。そんな時こそ家族の理解が必要となります。しっかりと理解していないと対応を間違えうつ症状が悪化してしまう危険があります。まずはうつ病を抱える本人と一緒に病院に行き、うつ病についての説明を医師から受ける事が大切です。うつ病の患者は症状により自分が受け取る情報に対してネガティブに捉えてしまうので、医師が話している内容をしっかりと理解できない事が多いです。フォローの仕方や治療についての詳しい内容を聞き理解しておきましょう。付き添いをしている時大切なのはできるだけうつ病の患者本人が自分で、医師と話をするのが大切です。直接話をする事で自分の現状を把握する事ができるからです。話すのが辛い場合は無理に話す事を促さず調子の良い時に再度診察を受け医師と話すという方法もあります。

Copyright© 2019 うつ年金を考える【障害年金支給で治療に専念】 All Rights Reserved.