サイトメニュー

うつ病の診断をされたら

看護師

仕事をしている時にうつ病と診断されると休職するべきか退職するべきか迷われる人は多いです。多くの人は、先の見えない不安や会社への負担を考え退職を申し出る人が多いです。うつ病と診断された場合は、すぐに退職という決断をするのはとても危険です。何故ならうつ病を発症していると物事を集中して考える力や意欲が低下しているからです。会社を退職するのかしないかの決断は大切な事なので、その時の感情で決めてしまうと後で後悔していまいます。うつ病と診断され休養が必要と言われたら、まずは休職を申し出て治療をしっかり行う事が大切です。また休職に制限がある場合は、復職も視野に入れる事も忘れないようにしましょう。収入が心配の人は障害年金であるうつ年金を利用する方法もあります。

休職中の療養でうつ病の症状が軽くなると完治したと思いこみ仕事へ復帰しようとする人がいます。ですが、症状の軽くなっているのは今までの休養と服薬のおかげなのです。ここで服薬を止めてしまったり、仕事へ復帰すると急な心身の変化に体と心がついていけず症状がまた現れてしまいます。そうするとまた休職期間がさらに延びてしまう危険があります。なので、医師の診断で許可が下りるまでは休養と服薬を続けていく必要があります。
うつ病治療から職場復帰を行う時、職場復帰を手助けしてくれる所があります。不安な人は積極的に機関を利用するのをおすすめします。行政や病院関係、NPOや民間機関などがあります。復職支援機関のメリットは仕事へ復帰する為の生活リズムを取り戻せる事や同じ悩みを持つ人達と情報共有できたり交流ができる事です。

大きな会社に所属していると、自分が担当していた部署の中でうつ病に罹り休職をしてしまったという事があります。うつ病で会社を休む側の人にとって職場を休む事は責任感からかなりのストレスを感じる行為です。なので、もしも自分の部下がうつ病になってしまった時は、その気持ちの辛さを理解する事が大切です。最近はうつ病への理解度が上がっているので、働く人が多い職場ではストレスチェックを義務付けしている所が多くサポート体制も充実しています。ですがそれだけでは足りていないというのが現状で、働く人の中にはまだまだ理解をしていない人も多く、仕事を休職してしまう人に対して批判的な目を向ける人も少なくありません。理解の無い人が多い職場だと、復職しても心無い言葉にさらされ、うつ病が再発してしまい、休職を繰り返す事になってしまいます。繰り返さない為にもまずは上司が理解をし周りの部下にもうつ病に対して正しい知識を共有する必要があります。正しい知識を皆で共有する事で、休職をしてしまった人が安心して仕事を再開する事ができるのです。休職中の人が復職する前に業務内容を見直して負担がなかったかを見直しておく事も忘れてはいけません。復職をする人にとって、最初に会社へ行くのが復帰最初のストレスです。必要とされているという雰囲気と態度で接しその人が必要なんだと思わせる事が大切です。復帰後はなるべく気に掛けるようにし、サポートできるようにしましょう。

Copyright© 2019 うつ年金を考える【障害年金支給で治療に専念】 All Rights Reserved.