サイトメニュー

障害年金を貰うには

ハートと聴診器

障害年金の年金支給はいくつかの種類に分かれています。自分が加入している年金制度の中から障害年金を請求できる所が障害厚生年金、障害基礎年金、障害共済の三つになります。
どこの障害年金に請求するかは、病気で医者の診察を受けた時に加入していた年金制度で決まります。受診をした時に国民年金に加入している場合は障害基礎年金、厚生年金に加入している人は障害厚生年金、共済年金に加入している人は障害共済年金を請求します。
障害年金は該当する等級により年金が支給されますが、障害基礎年金は等級が1から2級までしかないので3級に該当する場合でも障害基礎年金に加入していた場合は不支給となってしまいます。なので自分がどの年金に加入しているのかを把握しておく必要があります。

うつ病は心の病気なので、病気の重さを証明する事が難しく障害年金を認定してもらうのが難しいです。また、うつ病と診断される人が増えているので、障害年金として請求する件数も前よりも増加しているので、認定する側も審査を厳しくしています。なので、障害年金の認定が必要な人は、申請書類の作成の仕方や手順を把握し不受理にならないようにしっかりと準備しましょう。
障害年金の受給できる条件として初診日に受給希望者が厚生年金に加入している事、障害等級に該当されている事、保険料の納付とした月と保険料免除がされた月の期間が合計で三分の二以上満たしていると障害年金を受給する事ができます。障害年金であるうつ年金の手続きは必要書類を揃えて年金事務所に提出しましょう。

障害年金の受給対象者は何らかの怪我や病気で生活が困難になったり、労働がしにくい環境になった場合支給されるものです。なので就職していると貰えないと思っている人が多いです。ですが、傷病の種類や生活や労働状況によっては支給される事もあります。まずは専門家に相談して判断してもらいましょう。障害年金の支給には貰える期間と期限が設けられています。その理由として、障害年金は症状が生活に支障となる病気や怪我の状態がよくなると受給できなくなるからです。受給期間の事を有期認定といいます。有期認定を過ぎても障害年金を受給したい場合は、更新手続きをしなくてはいけません。反対に生涯通して治らないと判断された傷病がある場合は永久認定され老齢年金が貰える年になるまで傷病状態の確認なく障害年金を受給されます。

うつ病になると仕事を休職したり、学校を休学する必要があります。収入が無くなっても治療は続いていくので、お金が必要になってきます。生活に掛かる色んな費用を軽減する制度として障害者自立支援法というものがあります。この支援法は精神疾患を抱える人の治療費の一部を国が支援してくれるという制度です。自立支援制度を利用できる人は、精神疾患の治療を継続して行っている人です。通常の医療費の負担額は三割ですが、支援制度を利用すると、一割負担となります。負担額の上限は世帯の所得によって決められます。支援制度の期間は一年となっており、引き続き継続して行いたい場合は、有効期限が切れる三か月前か事前に申請しておきましょう。

Copyright© 2019 うつ年金を考える【障害年金支給で治療に専念】 All Rights Reserved.